「亀戸」「住吉」「大島」の貸事務所の利点

亀戸は東京都が策定した7ヶ所の副都心のひとつ「錦糸町・亀戸副都心エリア」の一角を占めています。東京東部の下町に位置し、JR総武線や東武鉄道などが通っていて、交通の便の良いところです。住吉はその錦糸町・亀戸副都心に隣接していて、JR錦糸町からは徒歩圏内の距離です。また東京メトロ半蔵門線と都営地下鉄新宿線が通っているので、交通機関に関して大変便利なところです。大島も亀戸からの徒歩圏内にあり、都営新宿線も通っていて、アクセスしやすいところです。亀戸、住吉、大島は、ともに江東区に属します。江東区は都心に近く、また2020年の東京五輪では競技会場が集中することで、注目を集めています。


亀戸、住吉、大島エリアは、江戸時代から物流の中心地でした。今も小名木川などの運河が残っており、となりの墨田区に東京スカイツリーが開業してから、観光船が行き交うようになりました。そのような環境の大変化を受けて、亀戸・住吉・大島の物件需要は高まっています。WEBサイトでこのエリアの貸事務所を検索すると、オフィスビルが次々と建築されていることがわかります。また中小企業が多いので、小規模の貸事務所も数多くあります。貸事務所としての地理的な利便性が、あらためて認識されていると言えます。この地域は時代小説の舞台としても有名なので、仕事の合間やオフの日などに、近所を散策するのも楽しいでしょう。

蒲田と蒲田本町と新蒲田と西蒲田と南蒲田の賃貸事務所

とても便利に使うことができる、賃貸事務所を選ぶにあたって非常にお勧めの場所が、蒲田と蒲田本町と新蒲田と西蒲田と南蒲田というところであります。そちらの周辺には、商店街などのお店がたくさん存在しており、色々なものを気軽に購入することができる上に、お店の人などとコミニュケーションを取りながら生活することができますので、賃貸事務所を利用して毎日を過ごすには本当に理想的な環境であります。そして、蒲田と蒲田本町と西蒲田と新蒲田と南蒲田周辺はそれだけではなく、どこかに移動する際の交通機関と言うものも充実しています。一番身近な乗り物である電車については、複数の路線が存在していますので、目的地によって使い分けることが可能ですが、何よりも凄いのが近くにある空港にとても簡単に行きやすいという点であります。それを利用すれば国内の様々な所はもちろんのこと、何と海外にも出かけることが出来ますので、ビジネスの幅というものが広がり様々なメリットを感じられます。今現在、物件いろいろと探していて興味がある人には、蒲田と蒲田本町と西蒲田と新蒲田と南蒲田の賃貸事務所を実際に利用して、その使い勝手良さを是非とも実感していただきたいです。

護国寺・江戸川橋・茗荷谷地区における貸事務所事情について

東京都文京区には、東京メトロの路線が平行するように2本走っています。1つは有楽町線、そしてもう1つは丸の内線で、いずれも千代田区・中央区といった東京の中心部と北のターミナル駅である池袋とをつないでいます。有楽町線には護国寺及び江戸川橋という2つの駅が文京区内に存在します。どちらもかつては典型的な東京の山の手で、現在でも幹線道路から一歩中に入れば静かな住宅地が広がっています。その一方で、護国寺は池袋から2駅、江戸川橋は隣の飯田橋から千代田区に入るという交通の便の良さから、貸事務所や貸店舗の物件も数多く存在します。この傾向は、両駅から徒歩圏内にある丸の内線の茗荷谷駅周辺にも共通します。いくつもの大学が点在する文教地区でありながら、茗荷谷駅の真上を走る春日通り沿いには多くのビルが立ち並び、貸事務所の物件も豊富に存在します。もちろんそれだけ需要もたくさんあります。しかしながら護国寺・江戸川橋・茗荷谷の3駅を結んだこの地区一帯は、巨大な商業地区である千代田区と豊島区の池袋駅周辺にはさまれた都心のエアポケットのような趣があり、また、大規模な再開発なども行われていません。そのため、貸事務所についても比較的リーズナブルな相場で物件を探すことが可能となっています。